Web
Analytics

釣りスギ★チャンネル★

役に立つ生活情報や趣味の海釣り、防災など。あだ名は昔からすぎちゃん。

MENU

ビンビンスイッチでタイラバ!釣り初心者でも簡単にタイが釣れる

最近、オフショア(海)でのタイラバにハマっています。

f:id:after22h22m:20220813080838j:image

タイラバって簡単にいうと、タイを釣るためのルアーなんですが、ジグにラバーと呼ばれるネクタイのようなものを付けてタイを狙うのがタイラバとなったようです。

元々はタイカブラともいいます。

 

ヒラヒラしたものが落ちてきて、巻き上げられるとタイは大喜びして追いかけて食うようですね。

ゆえに釣り方は至ってシンプルで、着底させて巻くだけ。

誰でもできます。ただ、巻きのスピードは等速にする必要があります。

 

ところで、タイラバで釣れるのは根魚ばかりで、タイなんか絶対釣れへんやろと思ってました。

タイラバで釣れるのはオオモンハタやエソ、フグばかり。特に、タイだと思って丁寧に巻き上げて見えた魚影が巨大なフグだったのは、、、ショックを通り越して笑えましたね。

 

あれ以来、タイラバでタイを釣るのは都市伝説やと思ってました。

 

そんなある日、南伊勢で船酔いしながらもタイラバやってたんです。この日は「ビンビンスイッチ」というYouTubeやインターネット界隈では反則級に釣れるという噂が立っているルアーを使いました。

 

ビンビンスイッチTGの60グラムを使ってちゃんと「着底させて巻くだけ」を実行したところ、一発目で55センチのマダイがヒット!

すいません、せっかくなのにルアー外した後で写真撮ってしまいました。

 

f:id:after22h22m:20220813081019j:image
f:id:after22h22m:20220813081016j:image

 

着底して2巻くらいですかね、タイ特有のコツコツってゆうあたりではなく、いきなりガツンときました。よくある、巻き合わせという感じではなく、即アタリ、即フッキングでした。珍しいのかな。

カウンター付きのリールで、着底40メートルくらいで、巻き始めてすぐにガツンと大きなあたりから、カウンターが50、55、60、65あたりまでカウントされていきます。タイが横に走ったんでしょう。

最初、よく走るので青物かと思いました。

何とか巻き上げていくと中層でまた走り出して…なんとか2、3分ファイトして姿を現してくれました。しっかりとフッキングされていました。

ネクタイも短めなので、タイラバ特有のあたりとは少し異なるのかもしれません。

 

ちなみにこのビンビンスイッチ、TG(タングステン)と鉛の2タイプがあります。

特にTGは定価では購入できませんが、行きつけの釣具屋さんで珍しく入荷したとの情報を受け、即買いに行きました。

あ、写真は鉛のビンビンスイッチです。

 

f:id:after22h22m:20220808200112j:image

 

ちなみに、重さは35、45、60、80、100、120グラムの6段階あります。

目安は水深=重さと考えることが多いみたいですが、自分は潮の速さによっては着底が分かりにくいことがあるので少し重めを使うことが多いです。

大体、水深40メートル以下だと45グラム、それ以上あると60〜100グラムまでを使います。

 

初めて購入される方は釣りをする海域の水深にもよりますが、45〜80、理想は100くらいまで揃っていれば特に不自由なくタイラバをすることができると思います。

 

ネクタイは交換できるので、何種類かあるといいと思います。

 

ビンビンスイッチ、タイラバで釣れないと思っている方には本当にオススメです!

初めて釣れたのでこれは実力ではなくてルアーのおかげだと思っています。

 

いつも海の恵みに感謝

f:id:after22h22m:20220822223613j:image