Web
Analytics

すぎログ

役に立つ生活情報や趣味の海釣り、防災など。あだ名は昔からすぎちゃん。

MENU

TGベイトは本当に餌並みに釣れた

最近ハマっている釣りがあります。

海を船で流しながら、ライトなジグを使っていろんな魚を釣る。

そう、スーパーライトジギングです!

 

スーパーライトジギング素晴らしいところは記事で書くとして、前から「過剰な広告じゃね?」と懐疑的だったルアーで爆釣できたので紹介します。

 

その名もダイワの「TGベイト」。

TGというのはタングステンのことです。

ルアー釣りをしている人にとってはお馴染みの2文字なんですが、最初いったい何の略なのかわかりませんでした。

ベイトとはその海で餌となっている生き物のこと。

TGベイトは「もはや餌」と称されるほど釣れるということで、今回試してみたのです。

漁師さんに聞いても、やっぱTGベイト強いね〜って言われるほど。

高価なのであまり沢山購入できないですよね。

f:id:after22h22m:20220806162250j:image

今回の釣行では水深が10〜50メートルくらいだったので30g、60gのTGベイトを持参しました。

朝イチ、水深が41メートルの岩礁帯から。狙いは根魚です。

f:id:after22h22m:20220806162613j:image

朝イチでルアーを放り込む瞬間はワクワクしますよね!

で、ここではTGベイトの「ミドキン」60gを使います。

TGベイトといえばミドキン!と言われるほどの定番カラーです。

このミドキンが効いたのでしょう。

一発目から尺越えのアカハタがかかります。

TGベイトは落とすだけでも釣れるし、巻いてても釣れます。

特に、着底して巻き始めのときにゴゴン!ってくる印象がとてもあります。

たまんない瞬間ですね😊

 

その後もカサゴ、エソ、アカハタとコンスタントに釣れ、3人での釣行、TGベイトを使っている自分だけが数を積み上げていく。

f:id:after22h22m:20220806163604j:image

f:id:after22h22m:20220806163609j:image

朝イチはおそらくミドキンがヒットカラーだったんだと思います。

でも、1時間くらいしたらヒットカラーが突如変わります。

今度はアカキンがヒットします。

もう1人、一緒に釣行していたメンバーがTGベイトのアカキンを持っていたので、ルアーを変えた途端に爆釣が始まります。

毎投のように竿を曲げているのでとても楽しそうでしたね。

 

TGベイトはただ巻きが有効なルアーみたいです。なのでマダイの食いがとてもいいルアーですが、根魚もすごく釣れます。

 

釣り方なんですが、自分は底まで落としたら、根魚狙いでスローに巻き始め、根魚がヒットしなかったらゆっくり巻きながら時折フォールを入れながら。ゆっくり大きくしゃくり上げてはフォール、これを繰り返しながら巻いてきます。

狙う魚にもよりますが、青物やサバなんかはこうゆう釣り方でよく釣れる気がします。

 

根魚はもう、、おったら食いますよこのジグなら。

少し高価ですが、試す価値は絶対あります!

水深にもよりますが、個人的には60gのTGベイト、色は金系とシルバー系の2色くらいあればいいかなと思います。

 

今日も海も恵みに感謝。

f:id:after22h22m:20220806164503j:image